ベルブランの毛穴への効果はクレーター肌にも適用される!

ベルブランはニキビ跡のシミを改善&対策が出来る美容液なのですが、毛穴の開きや黒ずみにも効果があるということが分かりました。

毛穴への効果はこちら→ベルブランの毛穴の開きへの効果とは?

上記の記事でも紹介していますが、ベルブランでは毛穴の開きを改善することが出来ます。「毛穴が開いてしまい肌がボコボコしてみえる」こんな状態はどこかで見た覚えがありませんか?

そうです!

クレーター肌です!

クレーター肌もニキビ跡で肌に凹凸が出来てしまっていますよね。そんなクレーター肌はベルブランで改善することが出来るんです!

ベルブランの毛穴への効果とは?

ベルブランは開いた毛穴をふっくらとさせて毛穴を目立たなく閉じる効果があります。具体的な成分や仕組みなどは後述しますが、ふっくらとさせるということがポイントで、これはクレーター肌にも効果が発揮できるでしょう。

ベルブランのクレーターへの効果とは?

ベルブランのクレーター肌への成分の肌への効果は次のようになっています。

  • フルーツエキス・・・角質ケア
  • コラーゲン・・・凹凸改善
  • グリチルリチン酸2K・・・肌を滑らかに

このような成分が配合されていることからクレーター肌をふっくらさせて肌の凹凸を目立たなくさせる事が可能です。

クレーター肌が治る期間はどれくらい?

ベルブランがクレーター肌に効果があるということが分かったけど、実際にクレーター肌に効果があるのはどれくらいの期間が必要なの?と考えるかと思います。

実際にどれくらいの期間でクレーター肌が治るのかと言われると、クレーターの状況や年齢によって異なってきますので一概には言えませんが、大体3ヶ月を目安に考えると良いかと思います。

まず初めにクレーターの状況によって

クレーターというのは傷跡ですので治るのも時間がかかってしまうという事を理解しましょう。その傷跡を治すには治癒力が必要です。肌を綺麗に治す際にターンオーバーというのが重要になってきますが、このターンオーバーは年齢によって異なります。

20代でしたら28日で1サイクルだったのが40代になると50日が1サイクルと年齢を重ねるに連れ遅くなってきます。

そして傷跡(クレーター)の深さや状態によって1サイクルのターンオーバーで治るか治らないかが決まりますが、大体は1サイクルではクレーターは治りません。大体3サイクルなどが必要です。

ニキビ跡がクレーターになってしまったのは自身のターンオーバーの乱れや傷跡の深さが原因です。ターンオーバーを正常に戻すためにもベルブランを使用し続けることが必須です。