ベルブランの効果と最大限に発揮するマル秘テク

ベルブランはニキビが治ったとのシミ対策やできたシミを取り除いて綺麗な肌にすることができる美容液です。

そんなベルブランの効果を最大限に発揮するには、ベルブランの美容成分をたくさん肌に浸透させることなのですが、美容成分を肌に効果的に浸透させるにはどうすれば良いのでしょうか?

美容成分を肌にたっぷり浸透させることで、毛穴の開きやクレーター肌の方にも効果を最大限発揮できるかと思います。

肌の奥まで浸透しにくい&蒸発してしまう

ベルブランの通常の使い方としましては、ベルブランを肌に塗るだけなのですが、肌に塗るだけでは勿体ないんですよね…

といいますのもベルブランだけでは、

  • 肌の奥まで浸透しにくい
  • 蒸発してしまう

ということがあるからです。

(もちろんそのままの使い方でもベルブランの効果を得ることは出来ますが、後述する方法に比べると浸透効果は落ちる落ちるということです。)

肌の奥まで浸透しにくいというのはなぜか?ということについて紹介しますと、元々人間はバリア機能を持っています。このバリア機能というのは主に、外敵(菌)が皮膚から侵入するのを防ぐ機能なのですが、これが仇となってベルブランの肌からの浸透を防いでしまっているのです。ただベルブランでもそんな人間の構造を理解してなるべく浸透しやすいように作られていますが、やはり浸透力が落ちてしまうのが現状です。

また、ベルブランを肌に塗るだけでは蒸発しやすいのも特徴です。特に冬の季節なとは乾燥からベルブランをたっぷり塗っても蒸発してしまい浸透できないといった事があります。

ベルブランの浸透を高める方法

ですのでベルブランの浸透効果を高めるためには

  • 肌の奥まで浸透できない
  • 蒸発してしまう

といった事を解決する必要があります。

これら2点の問題を解決するために

  • イオン導入器での浸透
  • コットンパックでも浸透

をすることで効果的にベルブランを肌の奥まで浸透することが出来るでしょう。

イオン導入器での浸透

人間にはバリア機能があるという事をお伝えしましたが、そのバリア機能を突破してベルブランを浸透させることが出来るのがイオン導入です。(イオン=電気)の力でベルブランを肌の奥まで浸透させることが出来ます。

イオン導入でベルブランを浸透させることで、使わなかった時に比べて浸透効果を40倍にも上げることが出来ますので使わない手はありませんね!

コットンパックでの浸透

ベルブランを肌に塗っても蒸発してしまうということでしたが、コットンパックで蒸発を防ぐことで効果的に肌の奥まで浸透させることが出来るでしょう。

公式サイトでもこの使い方は推薦されており、2日1回の夜にコットンパックを使用することで効果的に使用することが出来ます。

公式サイトで購入するとコットンを無料で付いてきますのでお得ですね♪

ベルブランの毛穴の開きへの効果とは?